1600年

大谷吉継の墓

関ヶ原の合戦場からちょっと離れた南西に位置する山の中、、、

行った人は感じる?かもしれません。

なんだか荘厳な雰囲気を漂わせる場所、、

1600年(慶長5年)

徳川家康の要請に応えるべく

大谷吉継は大名、上杉景勝を討つため

居城、越前敦賀を出立。

会津征伐に向かう。

だが

7月2日の進軍途中に、佐和山城に立ち寄ったことで

吉継の運命が変わることとなります。

五奉行を降ろされた

謹慎中の石田三成と会い

そこで重大な機密を吉継に打ち明けます。

 

三成は吉継にこれまで家康を討つための計画を練っており

協力してほしいと伝えます。

吉継はすでに壊れまくった三成と家康の関係を

少しでも取り持とうと考えていたらしいですが

もはや上杉軍、直江兼続と徳川軍を挟み撃ちにするための

策を練り、作戦は進んでいる状況、、

再三にわたり、吉継は家康を討つのは無理だからやめろと三成を説得します。

 

高潔すぎるが故に他者とは交わらず

家康の専横に憤り自らの正義を突き通す三成。

彼の固い熱意に負け、遂に吉継は西軍に与することとなります。

 

それでも、九分八分 三成が負けるであろうというのは吉継の見解、、

若かりし頃より友誼を交えた

佐吉と紀之介、、

同じ時期、秀吉に仕え年齢も近く

気も合っていた二人の仲というのは

計り知れない二人だけしか分からない深い関係がきっとあったんでしょうね、、、、

、、、

7月11日、、

吉継は西軍につくと決めたからには

ここから西軍必勝の手を打っていきます。

北陸、越前、加賀の諸大名を調略にて味方につけ

家康の味方であったあの前田利家の嫡男、前田利長をたぶらかし

金沢城に足止めし、関ヶ原への参戦が出来ないようにしてしまったそうです。

 

、、、書いていて思い出しましたが

そういえば大谷吉継の娘婿が

(大河ドラマ見て初めて知りました、、、)

かの

日の本一のツワモノ 真田幸村

彼は関ヶ原合戦の時期、信州上田城において

父 昌幸とともに西軍に属し たった2000人の兵で

中山道から関ヶ原に向かう徳川秀忠軍を挑発して38000人を足止め。

秀忠軍は関ヶ原合戦に間に合わず、秀忠は父、家康からこっぴどく叱られたそうです、、、

 

8月23日には岐阜城が東軍により陥落。

9月に入り、吉継は出兵。

息子吉勝や脇坂安治、朽木元綱、小川祐忠、戸田勝成とともに

総勢6000人近くで

関ヶ原の西南、山中村に陣を張る、、

吉継は関ヶ原開戦前夜においても

松尾山においてどちらに味方をする気かなに考えているのか分からない

18歳の若者、、

腹のうちが分からない小早川秀秋に対し裏切らぬように念を押し、、、

9月15日、運命の開戦に至ります。

深い霧が少しづつ晴れていく中で

朝8時過ぎ、、、

東軍88000人?75000人?

西軍85000人?100000人?

とかいろいろ調べてみても

人数がよく分かりませんが

いずれにせよ

東西総勢160000人前後の

大会戦が幕を開けます。

 

石田三成率いる西軍は戦闘の経過を見ている軍も多く

死力を尽くし戦っているのは軍の三分の一の人数だったそうです。

それでも徳川家康率いる東軍に立ち向かい

むしろ東軍を押しているような状況、、、凄いな、、

石田三成は戦闘中にも自ら西軍の動かない部隊を回り、出撃するよう催促します、、、

焦り出す家康、、、

標高293mの松尾山山頂にいる小早川秀秋隊15000人は未だ動かず。

息子の秀忠は秀忠で38000人もの大軍が

まさか信州上田にある小城に引っかかっているとは

夢にも思わない、、、

ついにしびれを切らした家康は動く気配のない小早川隊に

鉄砲?大砲を撃ちかけます。

小早川秀秋は

この瞬間

日本の歴史の未来を決めるほどの

名を残すこととなります、、

 

小早川秀秋は、西軍として参戦していましたが

もともと家康から西軍を裏切るように約束していたそうで

この松尾山下の東軍の前線部隊から一斉射撃を受け

ついに雪崩のごとく山を降りた

小早川隊15000人が

大谷刑部少輔吉継の軍に向け突進してきます。

 

朝から東軍の藤堂高虎、京極高知隊を相手に奮戦し何度も

追い散らしたといわれる大谷隊、、

疲弊のなかでも小早川隊を迎え撃ち

僅かな兵をもって死兵の如く幾度も追い返したそうです。

だが、開戦直前に東軍、藤堂高虎は家康の命を受け

大谷隊に属していた

脇坂安治、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保ら

小大名に対して密かに西軍を裏切るように

調略しており、ついに彼らは旗を翻し

大谷隊へ攻撃を仕掛けます。

それに加え、小早川隊からの猛攻を受け

遂に大谷隊はついに壊滅することとなります。

ここから西軍の諸将は動揺し状況は一変していき

一気に西軍の潰走が始まっていく、、、、

大谷吉継は

もはや絶望的な状況で、そばにいた家臣

湯浅五助に

何度も何度も戦況を訊いたそうです。

吉継は眼も殆ど見えず身体は糜爛の状態の中で

戸板の輿に乗り

死ぬ間際まで指揮をとり

裏切った脇坂らや小早川軍に囲まれ猛攻を受け

かねてから五助に病に蝕まれた自分の首を

「敵に渡すな」と言いつけており

覚悟を決した時、すぐさま腹を切り、その首を五助に落とさせたといいます。

吉継の介錯をした湯浅五助、、、

彼は吉継の首を敵の影から離れた場所に移し

誰にも見つからぬよう地中に埋めたそうです、、、

だが、、

それを見ていたらしい敵の武将がひとり、、、

東軍に属する藤堂高虎の甥である

藤堂高刑。

五助は、、、きっともう戦う気力も無く、、、へとへとに疲れ果てていたんでしょうね、、、

この若武者にひとこと伝えます、、、

「自分の首の代わりに我が主君、大谷刑部の首をここに埋めたことは誰にも言わないで欲しい」

高刑はそれを受け五助に

誰にも言わないと誓い

五助の首を取ったそうです。

、、、

戦後、五助の首を打ち取った高刑は

徳川家康から手柄を褒められます。

また

吉継の家臣である五助の首を取ったということは

主君である吉継の首のありかも知っているんではないかと

高刑に聞きます、、、

 

高刑は正直に

「知っている」と家康に答えますが

だがどんな罰を受けようとも

五助と誓ったので誰にも言えないと

最後まで

吉継の首のありかを言わなかったそうです。

この大谷吉継の墓は

東軍である藤堂高虎が建てたと言われます。

また左にある(ちょっと写真は隠れています、、、)墓は

大谷吉継に最後まで付き添った湯浅五助の墓。

五助の墓は関ヶ原の合戦から300年もののち

大正5年!

に子孫の方が建てられたそうです。

 

関ヶ原に行かれた方は一度行ってみてください。

湯浅五助は

主君、大谷刑部吉継の脇に控えています、、、

関連記事

  1. 1600年

    河田渡河戦 跡

    前紹介した米野の戦いと同日に行われた関…

  2. 1600年

    竹鼻城 本丸之趾

    岐阜県羽島市にあります。残っているのは石碑だけです…

  3. 1600年

    関ヶ原 島左近 陣地

    石田三成にはもったいないと世間から言わしめたほどの男が…

  4. 1600年

    血天井

    岐阜城の北側、長良川を渡った位置にある崇福寺。…

  5. 1600年

    大谷吉継 陣跡

    関ヶ原の合戦において石田三成率いる西軍の将として…

  6. 1600年

    飯沼勘平長資の墓

    1600年8月22日池田輝政率いる東軍と西軍の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。













ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

20人の購読者に加わりましょう

  1. 1571年

    十七条城
  2. 1584年

    血の池公園
  3. 神話 伝説

    桃太郎神社
  4. 1832年

    いろは茶屋 犠牲者供養碑
  5. 1600年

    関ヶ原 決戦地
PAGE TOP