1600年

関ヶ原 島左近 陣地

石田三成にはもったいないと


世間から言わしめたほどの男が



笹尾山の麓で陣を張り

IMG_1763





人生最後の戦いを迎えます。

1600年(慶長5年)9月14日、、

徳川家康率いる東軍の部隊が続々とここ、関ヶ原に集まってきます。



IMG_1767




IMG_1762



決戦前日には西軍の士気をあげるため
島左近と

宇喜多家家臣の

明石全登らが杭瀬川で奇襲をかけ

これに大勝利。

IMG_1772

しかし、島左近 若いイメージあったんですが

もうこの頃還暦!?

結構いいお齢で

石田三成より20歳も年上だったんですね。



想像ですけど島左近は、、

クソ真面目で頭は切れるが

危なっかしい20歳も年下の殿を

ずっと温かい目で見守り、助けてやろうという気持ちで

息子の様に感じていたのかもしれませんね。






そして決戦当日


9月15日、、、

本戦でも最前線に立ち



死を恐れず、鬼神のような働きぶりで


東軍の名もない兵士たちは


後ろからはきっと

上司からはいけといわれ、、

いやいけと言われても、、、、

目の前には鬼の様な男が狂ったように暴れまわっている、、、

い、、いけます?


想像するとたまらんですよね、、、、


IMG_1764


最後は、黒田長政軍か田中吉政軍に突撃。


鉄砲隊の銃撃により、壮絶な討ち死にを遂げたそうです。



、、、しかし、合戦後に彼の亡骸は見当たらず、、、

sakonn


、、、噂では関ヶ原で死なず、戦後に京都やら静岡やらで



彼を見かけた人もちらほらいたそうです、、、、、

関連記事

  1. 1600年

    小屋場島の陣跡

    川の真ん中に、、、長い時間をかけて土や…

  2. 1600年

    血天井

    岐阜城の北側、長良川を渡った位置にある崇福寺。…

  3. 1600年

    兜塚

    まだ織田信長の家臣であった羽柴秀吉に若き頃から…

  4. 1600年

    飯沼勘平長資の墓

    1600年8月22日池田輝政率いる東軍と西軍の…

  5. 1600年

    大谷吉継の墓

    関ヶ原の合戦場からちょっと離れた南西に位置する山の中、…

  6. 1600年

    大谷吉継 陣跡

    関ヶ原の合戦において石田三成率いる西軍の将として…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。













  1. 1612年

    名古屋城
  2. 神話 伝説

    桃太郎神社
  3. 672年

    村国男依 像
  4. 1553年

    上茜部城
  5. 1579年

    五明稲荷
PAGE TOP