1600年

池田輝政 鎧掛けの松

河田渡河の戦い、米野の戦いと西軍を打ち破り
徐々に岐阜城に近づく東軍。
e4e8ef3e-s

池田輝政が 岐阜城を攻める前に休んだと言われる

松だそうです。

乃木希典像があった八剣神社内にあります。
1ffaa65c-s

7ae22e90-s

池田輝政、、、

織田信長の部下、池田恒興の次男と生まれ

長久手の戦いで父と兄が戦死したため

家督を継ぎ
美濃大垣城主
岐阜城主←以前住んでいた城を攻めているんですよね。なんかスゴイ。

となり、豊臣政権下で様々な戦に参加します。

そして秀吉が没すると徳川家康に近づき

東軍として関ヶ原の前哨戦へと向かいます。

イメージ的には如才ないというか、世渡り上手というか

しかし本人は至っておおらかで、あっさりした性格だったようです。

播磨の国に移っても
好感のもてる大名だったようで

輝政の孫もかなり尊敬していたとのこと。

5c69e22e-1

関連記事

  1. 1600年

    飯沼勘平長資の墓

    1600年8月22日池田輝政率いる東軍と西軍の…

  2. 1600年

    関ヶ原 決戦地

    こんばんは。宜しくお願いします。初…

  3. 1600年

    関ヶ原古戦場 開戦地

    八丈島といえば八丈島のきょんとかくさや…

  4. 1600年

    河田渡河戦 跡

    前紹介した米野の戦いと同日に行われた関…

  5. 1600年

    竹鼻城 本丸之趾

    岐阜県羽島市にあります。残っているのは石碑だけです…

  6. 1600年

    米野の戦い 跡

    関ヶ原の前哨戦として岐阜城攻略のため東軍 池田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。
















  1. 1600年

    関ヶ原古戦場 開戦地
  2. 1561年

    出世の松
  3. 1573年

    太閤井戸
  4. 1832年

    ねずみ小僧次郎吉の碑
  5. 1545年

    黒田城 趾
PAGE TOP