1832年

いろは茶屋 犠牲者供養碑

岐阜県各務原市

市民公園前駅の奥にある、、、、

IMG_1203

とおり道に幼稚園がそばにあり

柵を隔てて脇で

子供の笑い声と保育士さんの笑顔

 

幼稚園と駅の間の

目の前にある細い道を歩いて

 

、、その先には

日当たりもなく、先日の雨も乾かない場所

 

 

鳥居の奥で

寂しげに佇んでいる、、、、

、、、、、

 

ここは

江戸時代

中山道の通り道

旅に疲れた旅行者を泊めた

いろは茶屋の主人が

 

旅行者にひっそりと

強盗殺人を繰り返していた場所、、、

今は周りは公園、、、

休日はのどかな風景が

そこらで見かけるような感じ、、、

 

 

そして

一人の女性が泊まった時に

ある出来事が起こります。

 

夜半、、何か、、、

 

胸騒ぎした女性が

 

同じ宿に泊まった男性に相談します。

 

なんだかよく分からない男性の勘には

何かを感じた女性と同じ何かがあったのかも、、、

 

そしてみな

 

寝静まった頃、、、、

 

宿の主人ががその女性を

(が寝ていると思い)

襲いにかかるその時

部屋を入れ替わっていたという

その男は

宿の主人を成敗し

女性は一命を救われたそうです。

 

 

、、そして全てが明るみに出たときに

IMG_1204

この供養碑は立ったのでしょうね。

 

女性を助けた男性はかなりの有名人。

 

この碑のそばにありました。

 

まさかこの人の墓が

 

各務原にあったとはびっくりでした。

 

次回に続く。

関連記事

  1. 1832年

    ねずみ小僧次郎吉の碑

    中山道、、鵜沼宿から加納宿への道すがら、、、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



















記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




  1. 1867年

    伊東甲子太郎外数名殉難之跡
  2. 1600年

    御手洗池 岐阜
  3. 1181年

    源義円 供養塔
  4. 1515年

    本郷城 
  5. 1165年

    三十三間堂
PAGE TOP