1221年

承久の乱 合戦供養塔





子供の頃によく父親に連れて行かれたおぼえが何度かあり

岐阜県各務原市の木曽川沿い

近くにある愛岐大橋を渡れば愛知県

この川沿いにある前渡のお不動さんと親しまれている

小さな山の中腹に

承久の乱合戦供養塔はあります。

、、いいクニを作ろうと

平氏を滅亡に追い込み

鎌倉幕府を開いて征夷大将軍となった

源頼朝は1199年に落馬し亡くなってしまいます。

しかし任命から僅か7年程しか経っていません。

頼朝は子供の頃、平清盛の命により罪人として伊豆に流されますが

そこで出会った北条時政の娘、政子。

頼朝と大恋愛の末、結婚を決意します。

罪人と結婚するなんてとんでもないと時政は大反対。

しかしこの結婚を最終的には許され、それから北条時政は

頼朝のバックアップを積極的にしていきます。

源氏の挙兵に協力し幕府の創設にも尽力して常に頼朝の側で力を蓄えていく北条家。

頼朝が亡くなってからは、源氏には雲行きが怪しくなっていきます。

 

朝廷では、平清盛以来奪われていく権力を取り戻したいと後鳥羽上皇が水面下で動いています。

 

頼朝の嫡男である源頼家は北条家との権力争いに敗れ殺され、(死に方がえぐい、、)

その弟である実朝も鶴岡八幡宮で暗殺される、、、

北条氏は執権として政治の中枢を担うこととなります。

 

そのゴタゴタのなかで

皇権回復を図り、後鳥羽上皇が北条家を潰してしまおうと

 

時の執権北条義時追討の院宣を発し

 

突然、朝敵となる鎌倉幕府、、

 

驚き戸惑う幕府側は朝敵とされてしまい御家人たちが動揺するなかで

あの有名な頼朝の妻、北条政子が亡き頼朝公の恩は山より高く海より深いと

涙ながらに訴えてから

 

幕府軍は結束を固め鎌倉から出撃。

190000人の兵を

東海道

東山道(今の中山道みたいです)

北陸道の

三手に分けて京へ向け進軍します。

後鳥羽上皇は

幕府追討の命令を朝廷がしたんだからみんなついてくるだろうと甘く見ていたみたいで

この幕府の侵攻に仰天し迎え撃ちますが

朝廷軍はあっという間に鎮圧されてしまったそうです。

その合戦の場のひとつ

摩免戸の戦いでの戦没した供養塔。

(もともと川沿いのほうにあったみたいですが木曽川に流されてしまい

この矢熊山に移転されたそうです昭和初期に、、)

 

山を少し登ったら途中でへびがいました。

シマヘビかな、、

しかしへびなんて何十年ぶりに見ただろうか、、、

 

山の頂上にはお堂があり、人っ子ひとり会わずに

蚊だけはたくさんいて血をたくさん吸われました。

昔はもっと人の行き来があったような思い出もありましたが

なんとも寂しいところです、、

この戦いで武士の力を一層強固とした鎌倉幕府。

朝廷が再び幕府に逆らってこないように監視をする為

京都に六波羅探題を置き治安の維持を図ります。

 

しかし朝廷による倒幕への闘いは長い歳月をかけて

この先も、まだまだ続いていくようです。








コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。
















  1. 1600年

    米野の戦い 跡
  2. 1584年

    宮後城 跡
  3. 1560年

    桶狭間古戦場
  4. 1766年

    明和義民の碑
  5. 1584年

    伏屋城 趾
PAGE TOP