1755年

竹中伝六喜伯の墓




宝暦治水事件と呼ばれる

1754年 宝暦4年に

江戸幕府が
薩摩藩に命じた
IMG_1851

濃尾平野の乱発する洪水を止めるべく

木曽三川と呼ばれる
木曽川と長良川、揖斐川の治水工事。

その過程で工事中に
薩摩藩士51名が自害。
33名が病死という

かなりの犠牲を払ったとんでもない事件。

IMG_1852

薩摩藩の総指揮を務める家老、平田靱負を中心とし

ただでさえ財政が逼迫していた薩摩藩の財政を
潰しにかかる江戸幕府。

せっかく作った堤防を何度も破壊される嫌がらせ。

薩摩藩士に対する江戸幕府からの冷遇の指示。

これほどの自害者が1年足らずのうちに 出てしまうというのは

壮絶な現場で、かなりの屈辱や不当な扱いを受けた

薩摩藩士の意地や怒りの声が伝わってきます。

、、、、しかし今回紹介したのは、幕府方の方のお墓です。

岐阜県羽島市の竹鼻別院という
お寺の境内の中にあり、

春は藤がとても綺麗です。

竹中伝六という幕府方の役人で、工事の監視役として赴任して
いましたが、、
IMG_1850

工事完成後、検分を待つのみであった
宝暦5年正月の13日未明に自刃。

享年29歳とのことです。

遺書もなく、原因は不明だそうです。

監督上の責任を負った可能性があるらしいですが

、、、彼は1年間もの間、目の前で理不尽で悲惨な扱いを受けても

きっと黙々と奴隷のように工事に従事している
薩摩藩士たちをずっとそばで見ていたと思います。

あからさまな嫌がらせを受け続けながらも工事に従事したという
薩摩藩士総勢947名。

工事が完了した時の気持ちは如何許りのものか、、、

また薩摩藩の資金難により

工事の影響で

はるか奄美大島では

「黒糖地獄」と呼ばれた

サトウキビの過酷な収奪を受けた島の人々たちもいて、、、

IMG_1853

役目とはいえ、、、
幕府の役人たちにとっては
この1年間

彼らがどう映っていたんでしょうか。







コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。













ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

20人の購読者に加わりましょう

  1. 神話 伝説

    桃太郎神社
  2. 1600年

    御手洗池 岐阜
  3. 1525年

    丸毛兵庫頭 稲葉備中守等 奮戦の地
  4. 1575年

    松平伊忠戦死之地
  5. 1600年

    米野の戦い 跡
PAGE TOP