1566年

墨俣一夜城

IMG_1183

豊臣秀吉の

サクセスストーリーのなかで

欠かすことのできない城のひとつ

 

果たして

この場所に築いたかどうかは

不明な点が多いらしいですけれども、、、

 

何にもない堤防沿いにありかなり目立ちます。

 

尾張から美濃への侵攻のための

重要な拠点として

墨俣という、陸とも川ともつかない荒地に

砦をつくれと

織田信長の命を受け、佐久間信盛、佐々成政ら築城を

試みるが、、、

 

失敗 、、、、

IMG_1185

そこで

藤吉郎秀吉が蜂須賀小六ら豪族とともに

一夜城築城を試みることとなる、、、

 

1566年(永禄9年)5月

藤吉郎はじめ蜂須賀小六

弟の小一郎のもとに

2400名の野武士が集まり

築城の材木を川を使って筏で運搬。

その間に防衛のための馬柵作りと城の建造をして

砦としての城を一夜にして築き上げたそうです。

 

豊臣秀吉は人生の中で多くの城を築いたり

城攻めの名人として攻略したり

日本中の多くの城について関わっていたみたいです。

 

彼の

鳥取城や三木城の兵糧攻めは有名ですが

水攻めの備中高松城の攻略とか

本当か?と思うくらい

常人には考えられない攻め方は

想像するだけで凄い、、、、、

IMG_1197

有名人は伝説が多すぎて、、、

 

何が本当かわかりませんね、、、、
秀吉

関連記事

  1. 1566年

    生駒屋敷 跡

    織田信長の側室となる生駒吉乃という女性の実家跡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。













  1. 1576年

    お静慰霊碑
  2. 1553年

    聖徳寺 跡
  3. 1441年

    春王・安王の墓
  4. 1615年

    奥平信昌夫妻墓 
  5. 1750年

    佐吉大仏
PAGE TOP