1863年

境橋 日本最後の仇討ち場

1855年(安政2年)

神無月の

あるお祭りの夜に

土佐藩の

高知城下において事件が起こります。

廣井大六という藩士が

釣りの帰り道、、、

泥酔した男に突如喧嘩を売られ

刀で斬られた挙句川に放り込まれ

溺死したという、、、

 

斬った男の名は

同じ土佐藩士

棚橋三郎、、、

 

しかし、、

これは身分の違いからくるものなのか、、、

 

一方的な殺人は

「喧嘩両成敗」

という奉行所の判断により

棚橋三郎は藩外追放。

 

そして被害者である

廣井家は家禄を没収され

家名断絶となってしまう、、、。

 

だがしかし、、、

斬られた廣井大六の息子

磐之助16歳、、、

 

父の恨みを果たすべく

棚橋三郎を討つ決意をする。

 

 

槍術修行を名目として磐之助は

土佐藩を飛び出し

棚橋三郎を探す旅に出たという。

 

磐之助にとっては、、

かなり厳しい旅であったらしく

途中行き倒れになったり

もはや

乞食同然の風体で

執念としかいいようがない

父の仇敵、棚橋三郎を探すため

なんと、、

9年もの年月が経ったといいます。

 

1863年(文久3年)春、、、、

磐之助は

ぼろ切れのようななりで

大阪に滞在していた

ある男を訪ねる、、。

同じ土佐藩出身で

すでに土佐藩を脱藩し

江戸へ行ってから

勝海舟の弟子となった

あの幕末の英雄

坂本龍馬。

 

このころ、、、神戸海軍操練所が

発足したばかりの時期、、、

同郷の廣井磐之助が

やってくる、、、

 

彼は事情を説明すると

龍馬は

彼の志を汲み取り

なんと、、、

龍馬の師匠であり

江戸幕府軍艦奉行である

勝海舟が仇討ちに

協力してくれることとなったという。

 

勝は、、

棚橋三郎探索の協力をするとともに

磐之助に

殺しのライセンス?ともいえる

仇討免許状なるものを

書いたといいます、、、。

 

しかし、、、

なんという時代だと

つくづく思いますけれども

 

公式?に

日本最後の仇討ちをしたといわれるのが

この場所らしい、、、、。

 

しかし仇討ちに

公式と非公式もあるというのが

本当に凄い、、

 

この境橋の仇討ちの場は

その頃と変わらない県境にあります。

目の前にある

わずか数メートルの境橋を境に

和歌山県の反対側を見れば

大阪府、、、

(暗くてごめんなさい、、、)

 

ほんとにちょうど

県境にある境橋という小さな橋、、

磐之助は勝海舟から貰った

この仇討免許状を懐に収め

大阪にある貧民街を拠点に

父の仇をを探したという、、、、、

 

、、そしてついに

紀州加太浦において

黒鍬組という

砲台の築造工事の人足の

仕事を請け負っているなかで

働いていた一人の男、、

 

それが棚橋三郎であるとの噂を聞いたという、、。

 

しかしまともに写真とか

防犯カメラとかもない時代に

よく、、、、見つけられた、、、

 

ひととひととの繋がりというのは、、

いいものもあればあまりいいものも

ないような気もしますけれども

果たして、、こういうのは

一体なんなんでしょうか、、、、

 

それはともかく

その棚橋三郎はどうもその頃

その紀州で

何か悪さをしたことで

紀州藩において

捕らえられていたという、、、

 

磐之助は紀州藩の奉行所に

勝の書状を見せたが

紀州藩では

その仇討ちの許可は得られなかったらしい。

 

そして紀州藩から

もし、、、仇討ちをするのならば

この男を紀州と和泉の国境において

藩外追放の罰を被せて

和泉の国に追い出すから

もしやるなら和泉でやってくれと

伝えられる、、、

 

和歌山から大阪へ抜ける紀州街道、、

 

野を超え山を越えるような場所において

今でも何にもないような場所、、、

和歌山県と大阪府の県境で

 

棚橋三郎が紀州藩から放り出され

この境橋を北へ渡った瞬間、、、、

(写真では手前がわです、、、、、)

廣井磐之助が

彼の目の前に現れる。

ついに

父の仇である棚橋三郎との決闘が

始まる、、、、、、、

多分、、、今ここで撮った場所あたりがちょうど

大阪府に入った位置、、、、

しかし、、、

不思議なもんで仇討とか、、

義賊(盗賊)?とか、、

今でもそりゃ犯罪だろと思いながらも

語り継がれ魅力ある物語が

いろいろ残ります。

こういうのに、、、

心沸きたつというのは一体何故なんでしょうか、、、。

関連記事

  1. 1863年

    近藤勇之像

    京都壬生寺の境内にある言わずもがな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

118人の購読者に加わりましょう







  1. 940年

    御首神社
  2. 1590年

    松倉城 尾張
  3. 802年

    阿弖流為母禮之碑
  4. 1615年

    奥平信昌夫妻墓 
  5. 1575年

    丸岡城
PAGE TOP