1583年

苗木城

日本中の武将たちを巻き込んだ

1600年(慶長5年)

「関ヶ原の戦い」

岐阜県の西の端っこで行われた

天下分け目の戦さの前には

岐阜県の東の端っこにある

この城のあたりでも

かつての領地を取り戻すべきものたちのいくさが

行われたといわれます、、、

しかしここに向かう途中で

休憩した可児市の

道の駅にあったこの旗、、、

ええやんか、、、

岐阜県も来年に向けて気合いが入っています。

ちょっと欲しい、、、

どこで貰えるんだろうとか

買うんだろうかと考えながら

記念に写真だけ、、

 

そして苗木城。

最近なんか評判で気になっていたので

行ってみましたが、、

本当に凄かった、、、

(写真適当、、、

いつも下手で感動を伝えきれませんけれども)

こんなに美しい城跡、、、

これまで見た事なかったと思うくらい素晴らしかったです。

城から見る景色もとにかく抜群です、、、、

このあたり

東美濃は美濃と信濃を結ぶ要衝にあることで

山城が多く

昔から

よく戦乱に巻き込まれていたようです。

 

織田信長の時代

1582年(天正10年)

2月

甲州征伐において先陣をきる

鬼武蔵と呼ばれた武将

森長可。

愛槍 「人間無骨」を手に

軍規違反を犯すほど

暴れまわったらしい。

武田氏滅亡後

4月には

信州海津城(のちの松代城)を与えられ

信濃統治を始める、、、

しかし武田の旧臣とか一揆とかもあり

不安定な政情だったらしく

そのなかでも長可は

反発する信濃国衆から人質をとったり

国衆と何度も話し合いながら

統治に努めていたそうで、、、

そして

5月

織田家の北陸方面軍司令官

柴田勝家とともに

あの上杉景勝率いる越後へ侵攻し

上杉家の居城である春日山城まで肉薄するほど奮戦。

だが、6月2日に

織田信長が本能寺の変で斃れることとなり

それを知らされた長可は信長の仇討ちをするため

越後から撤退、、、

しかし

信長の死を知らされた信濃衆は

この時点で

ほぼ全員長可を裏切っており

長可は

海津城にいた人質を盾に

命懸けで信濃を通り抜け

6月24日には

弟である森蘭丸(信長とともに死んでしまいましたが)

の領地であった

美濃金山城まで戻ることとなる、、、。

しかし鬼武蔵、、、ここから凄い、、

無事、美濃の安全圏まで戻ったはいいが

裏切りの連鎖か

これまでの積年の恨みが深かったのか

東美濃の勢力たちは

一気に離反したそうで、、、

米田城 肥田忠政

久々利城 久々利頼興

小里城 小里光明ら、、、、

その中に、苗木城城主である

遠山友忠もいます、、、

、、四面楚歌の状況のなかで

森長可は

7月初旬から

 

東美濃にある裏切りものの城を

疾風の如き速さで

一つずつ潰していったという、、、

その結果

一年足らずで

東美濃を統一してしまったらしい、、、

 

しかし、、、

東美濃統一を果たした翌年、、

長可が人生を閉じることとなる

小牧長久手の戦いが始まります、、、、、

15歳で初陣を果たしてから、、

戦いに明け暮れたこの武将の生きた時間は

なんとわずか27年、、、、

凄まじい、、、

 

織田信長にも可愛がられ

かなり無茶苦茶な性格だったらしいが

もし長生きしていたら

この人どうなっていたんだろ、、、、

そしてこの苗木城の城主であった

遠山友忠、、

森長可に攻められ、一度は撃退したそうですが

二度目の戦いにおいて敗れ、息子である友政とともに

徳川家康を頼り、落ち延びることとなります。

、、、

なんだか話が全然逸れてしまい、、、

 

森長可のこと書いていたら

長くなっちゃったので

、、次回に続きます。

関連記事

  1. 1583年

    賤ヶ岳古戦場

    滋賀県長浜市にある賤ヶ岳、、かつてこのあたりで…

  2. 1583年

    久々利城

    東濃に向かう道にあるもう今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。













  1. 1583年

    久々利城
  2. 1600年

    兜塚
  3. 1559年

    郡上八幡城
  4. 1600年

    御手洗池 岐阜
  5. 1600年

    関ヶ原 決戦地
PAGE TOP