1584年

長久手古戦場 勝入塚





小牧 長久手の戦いが始まるまえ、、、

 

羽柴秀吉が

本能寺の変で横死した織田信長の仇討ちのため

中国大返しを敢行し

疾風のように岡山から京都に戻り

山崎の戦いで、明智光秀を討ったのちに

清洲会議にて織田家の継承者問題や領地の問題で

揉めに揉めているとき

その男は清洲城のその会議の場にいました。

 

池田恒興。

 

彼は小さな頃から織田信長のそばに仕えており

桶狭間の戦いから美濃攻略

浅井朝倉連合軍との姉川の戦いとか

果ては比叡山焼き討ちとかも

とにかく織田信長の戦歴の中で

池田恒興も一緒に様々な戦に参戦したようです。

清洲会議の場では柴田勝家らと対立し

彼は秀吉らと織田信長の孫

三法師を次の後継として擁立。

羽柴秀吉や柴田勝家、、丹羽長秀とか

あの時代に見過ごすことのできないメンバーが集まって

 

わずか3歳の子供に家督を相続させるという、、、

はたから見たらなんともわけのわからないことをして、、、

 

三法師はのちに織田秀信と名乗り、岐阜城城主として

関ヶ原の戦いで石田三成ひきいる西軍につくこととなりますが

それはまだ先のはなし、、

 

 

池田恒興は1584年(天正12年)

羽柴秀吉と徳川家康、織田信雄連合軍との戦いに参戦。

彼は秀吉方につき

初戦に犬山城攻略。

そのあとにあの

鬼武蔵、森長可や

名人、堀秀政と

家康本陣の三河国へ攻め入ろうとするも

ここ長久手で家康軍と戦い

鬼武蔵とともに命を散らします。

池田恒興を打ち取ったといわれる

徳川家康の家臣

永井直勝。

 

彼は1563年に三河で生まれ、井伊直政と

三河武士の中で仲もよかったようで

家康の息子、信康に仕え彼が切腹してから

一度徳川氏を離れますが再び家臣となり

この戦いで家康や信雄から大手柄の賞賛を受けたそうです。

 

討ち取られた池田恒興の

長男元助もこの小牧長久手の戦いで戦死したことで

池田恒興の次男

池田輝政が戦後、池田家の跡継ぎとなります。

 

全然どうでもいいですがこの池田家、

なんか隠された(処世術のような)家訓があったんでしょうか??

うまい具合に時流の流れに乗ろうとする目線がなんか凄い、、、

 

池田輝政が、1594年(文禄3年)に

家康の次女、督姫とめでたく結婚することになり

その祝いの席に家康家臣、永井直勝も馳せ参じたそうで

 

、、かつて討ち取った男の息子のお祝いに行くのもなんともたまらないですね、、、

どんな気分で行ったんだろうか、、、

その時に輝政は直勝と会って話を聞きます。

その時、長久手の戦いで父、恒興を打ち取った話とか

直勝が功績をあげたにも関わらず、思ったよりあまり出世していないことに

輝政は父の命の価値がこんなものかと嘆いた話もあります。

 

直勝は、関ヶ原の戦いにも参戦し

大坂の陣でも戦功をあげます。

家康覇業の君臣として最後まで仕えて

最終的には茨城県、古河藩7万2000石の

大名として枕の上で死去。

 

これまた凄いのは永井直勝の子孫、、、

その何代かものちに

永井荷風や

三島由紀夫と

かの有名な文豪たちを

世に送り出すこととなるようです。

(名前は有名ですけど、、、読んだことがないので、、、いずれぜひ、、、、)



関連記事

  1. 1584年

    伏屋城 趾

    あの有名な墨俣城と同時期に築城されたの…

  2. 1584年

    長久手城趾

    本能寺の変で信長が死に山崎の戦いで主君の仇を討った羽柴…

  3. 1584年

    武蔵塚

    「鬼武蔵」と呼ばれた森長可。…

  4. 1584年

    宮後城 跡

    かの豊臣秀吉の部下蜂須賀小六が住んでいた城…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。
















  1. 1560年

    今川治部大輔義元の墓
  2. 1525年

    丸毛兵庫頭 稲葉備中守等 奮戦の地
  3. 1515年

    本郷城 趾
  4. 1600年

    河田渡河戦 跡
  5. 1933年

    お蛇ヶ様
PAGE TOP