1584年

宮後城 跡





かの豊臣秀吉の部下
2e3ba3ac-s-1

蜂須賀小六が住んでいた城の跡です。

蜂須賀小六(正勝)といえば

盗賊の親分として秀吉に仕えたそうですが

実際は盗賊ではなかったそうですね。

しかし名前からしてちょっと怪しげなイメージは払拭できない感じもします。
(いい意味で、本当の悪党ではなさそうですもんね)

931209f2-s

愛知県江南市、県道をまたいで広い屋敷があったそうです。

県道から見ると空き地にしか見えなかったです。

蜂須賀さん、なかなかのやり手で

まだ織田家の家臣になる前の秀吉を顎で使ったり

斎藤道三に仕えたり、織田家に仕えその後は秀吉の子分になり

様々な戦場に従軍し

最後は阿波一国の大名となります。
8fe82455-s

、、、、

いつからか
織田軍に仕えはじめた
顔見知りの
一介の百姓から成り上がった
猿のような小男に目をかけ

部下となり

彼に賭けた。

そして一緒に成り上がっていった

彼の選択は間違っていなかった。

よほどの先見の明があったと言わざるを得ないですよね。

HATISUKA

関連記事

  1. 1584年

    武蔵塚

    「鬼武蔵」と呼ばれた森長可。…

  2. 1584年

    長久手城趾

    本能寺の変で信長が死に山崎の戦いで主君の仇を討った羽柴…

  3. 1584年

    伏屋城 趾

    あの有名な墨俣城と同時期に築城されたの…

  4. 1584年

    長久手古戦場 勝入塚

    小牧 長久手の戦いが始まるまえ、、、&nbsp…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。
















  1. 1221年

    承久の乱 合戦供養塔
  2. 1560年

    織田信長公像 清洲公園
  3. 1571年

    十七条城跡
  4. 1584年

    長久手城趾
  5. 1864年

    池田屋騒動之趾
PAGE TOP