1560年

清洲城




1405年、尾張守護斯波義重によって築城。
IMG_1264

尾張の中心として交通の要としても栄えた位置にある
綺麗なお城です。

あまりに綺麗すぎると思っていたら
現在ある城は模擬天守として

1989年平成元年に建設された城なんですね。

また、本当の城の跡も

西側の橋を渡ったところで

確認できました。

清洲城といえば
歴史の中で
清洲同盟→桶狭間の戦いのあと、織田家と徳川家が同盟を結んだ
清洲会議→本能寺の変のあとのおだけの後継、領地分配の会議

と有名なエピソードに欠かせないお城で

IMG_1270

桶狭間の合戦の前に

織田信長が

今川の軍勢が尾張に攻め込むので
籠城か出撃するか
悩んだのち、ここから出撃し

決戦を挑むことになります。

熱田神宮で戦勝祈願した際に

二羽の白鷺が 飛び立ち、織田軍を導いたといいます。

全然関係ないですけど

IMG_4423

夕刻の清洲城を飛び立つ

二羽の白鷺ならぬ二羽の鴨が写りました。

関連記事

  1. 1560年

    桶狭間古戦場

    浮野の戦いから尾張を統一しつつある織田信長、、…

  2. 1560年

    織田信長公像 清洲公園

    若き日の彼の視線の先、、、、、&nbs…

  3. 1560年

    今川治部大輔義元の墓

    駿河、三河、遠江の三国を支配している今川義元、、…

  4. 1560年

    沓掛城 趾

    愛知県豊明市にあるお城の跡です。建物は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。
















  1. 1954年

    布袋の大仏
  2. 1600年

    竹鼻城 本丸之趾
  3. 1866年

    河合耆三郎の墓
  4. 1530年

    川手城 跡
  5. 1600年

    関ヶ原 島左近 陣地
PAGE TOP