1832年

ねずみ小僧次郎吉の碑

中山道 鵜沼宿から加納宿の道すがら
いろは茶屋に泊まった一人の女性を

 

救った男として

ねずみ小僧の碑(墓)が

岐阜県各務原市に

なぜかあるとは

地元の人でも知らない人多いんじゃないでしょうか?

IMG_1199

彼は鳶職をしていましたが

素行が悪く

25歳で父親から勘当

博打のために盗人稼業に手を染めますが

一度捕まりましたが反省せず

再び盗賊稼業に身を染める

ロクでもない人だったんですが
こういう

いろは茶屋みたいなエピソードが
あるから

人々の口伝に評判が伝わり

今でも人気があるんでしょうね!

彼は武家屋敷に何度も盗みを働き

かなりの額を稼ぎ、その全てを博打と放蕩に使いはたし

(貧しいものににお金を配った訳ではないようです)

捕まり、市中引き回しと獄門の刑が下されます。

引き回し(野次馬が見る)の時には

江戸っ子の粋な気質?を感じるエピソードがあり

鼠小僧は美しい着物と化粧までして

江戸の民衆の眼前に現れたそうです。

(奉行所の配慮?があったとしてもよく考えたら余計、後々評判になりますよね!)

 

そして鼠小僧が死んだことが伝わると

IMG_1200

この碑(墓?)が建てられたそうです。

(有名人は日本中色々なところにお墓ありますもんね)

それでも鼠小僧といい石川五右衛門といい

「義賊」と言われる人たちは

日本人の心に何かしら響くものがありますよね。

 

講談や小説のネタになったり

各務原の墓も歪な形でボロボロでしたが
昔 誰かが石を削ったんでしょうか?

僕も少しだけ削ってこようかな お守りに

んで久しぶりにパチンコでも行ってみよおか、、、、






関連記事

  1. 1832年

    いろは茶屋 犠牲者供養碑

    岐阜県各務原市市民公園前駅の奥にあります。とお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

118人の購読者に加わりましょう







  1. 1575年

    丸岡城
  2. 1954年

    布袋の大仏
  3. 1600年

    大谷吉継の墓
  4. 1530年

    川手城
  5. 1165年

    三十三間堂
PAGE TOP