1182年

東尋坊

福井県にある

日本海に面する断崖絶壁

名勝 東尋坊

ここもまた、、、

せっかく来たのに

小雨が降り強風のなかで、、、

遊覧船は乗れず、、、ちぇ

、、強風に吹き飛ばされそうな状況でも

崖のギリギリで集まって写真を撮ったりしている命知らずの若者たちもいます。

今から1200〜1300万年前の火山活動において

火山岩が日本海の波の浸食を受けできたもので

地質学的にとても貴重であるらしい。

ま全然わかりませんけど、自然の力とは

人間の力では抗えないほど強大なものだとはなんとなくわかります、、

 

今から1000年以上も前の平安時代の頃

この断崖絶壁から50㎞!?東に離れた

平泉寺というお寺に何千人というお坊さんがいて

その中に、東尋坊という僧がいました。

彼は怪力の持ち主で暴れん坊で

誰も手がつけられず、やりたい放題。

周りの人たちは大変迷惑を被っていたといいます。

もし、、

現代にいても

とてもじゃないが関わりたくないですね、、、、、

でも、、

 

 

、、そんな彼も恋をする、、、、

あや姫と呼ばれる美しい女性に心を奪われますが

同じ寺の僧で、、

真柄覚念(まがらかくねん)と呼ばれる恋敵がいたらしい、、

1182年(寿永元年)、、4月5日、、

平泉寺の僧たちは東尋坊を誘って

海辺の見物に出かけたそうです。

そしてこの地で宴会をし

ベロベロに酔った東尋坊は

真柄覚念により

崖から突き落とされ死んだという、、、。

その直後

太陽も輝き

晴天であった空は

殺された東尋坊の無念からか

黒い雲が渦を巻き黒く染め

海は荒れて

雷雨となり大地は震えだしたそうです。

それが49日間も続いたらしい、、、

、、それから当時の人々は

この地を東尋坊と呼ぶようになったといいます。

 

また毎年4月5日前後になると、、

このあたりはいつも烈しい風と雷雨が続いたという、、

 

今も彼の祟りは続いているのでしょうか??

今度は4月5日を狙って行ってみたいな、、、、

天然記念物として、昔から変わらない、、

そしてこれからもこの景色は続いていくんでしょうね、、

この東尋坊の商店街にある、、、

ちょっと面白そうな名前のカフェ、、

このお店の反対側にあるのは、、

どういう意味だろうか、、、、

こんな銅像も見かけましたが、、、

東尋坊だろうか?

そして、この東尋坊、、自殺の名所で有名でしたが、、、

あの有名なスマホのゲーム

ポケモンGOのおかげで

このあたりレアポケモンがたくさん出るそうで、、、

人がわやわやと来るからか、、

この地で自殺する人が減ったらしい、、、、

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。













ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

49人の購読者に加わりましょう

  1. 1221年

    承久の乱 合戦供養塔
  2. 神話 伝説

    天の岩戸 恵利原の水穴
  3. 1575年

    馬場美濃守信房の墓
  4. 1169年

    五条大橋 牛若丸弁慶像
  5. 1584年

    武蔵塚
PAGE TOP