1667年

赤髭明神

だいぶ前に紹介した

長浜城とかもそうですが、お城のまわりって

いろんな人の関わりがあったせいか

行ってみなければわからないような

小さな小さな物語や伝承が伝わり、点在しています、、、

この二つの石も、、

郡上八幡城の脇で佇んでいる

力石と呼ばれる石は

ときの城主、遠藤常友が城の改修を行った際に

剣村の作兵衛という男がこの石を城下にある吉田川の

河原から運んできた石だそうです。

作兵衛は体も大きく力もあり、人柄もいいので皆から慕われていたそうです。

また彼は毛深い男でその毛が茶褐色に見えたことから

赤髭作兵衛と呼ばれていました。

今回の城の改修工事に参加した彼は

九十貫(337キロ!、、、750ccのバイクとか

ちょいとしたグランドピアノとか、、

1リットルのペットボトル337本分とかあんまり想像つかない、、、)

もあるというこのふたつの石を背負い上げ

吉田川からこの城まで持ってきたそうです。

それを見た普請奉行、村上貞右衛門が(今でいう現場監督かな?)

仰天し彼を絶賛し赤髭作兵衛は大感激。

たぶん今では分からない身分の違いとかもあったと思います。

だからこそ

彼は褒められたことで涙を流し卒倒し

そして力尽き、そのまま息絶えたそうです。

、、、そしてこの二つの石は昭和8年に

廃藩置県に壊されてしまった

郡上八幡城の再建の際、この地に安置されます。

、、、

、、なんだかよく分からない部分も多いですが

作兵衛は気を抜いた瞬間に背負っていた石に潰さ、、、

、、まあよくわからないのであれですが

しかし彼の偉業は今も語り継がれており

この城は一方通行で城周辺を探索したあとに

山を車で降りると帰りにホテルがあってその駐車場の片隅に

彼を祀った赤髭明神があります。

今も慰霊祭が行われているほど多くの人に伝わり

衝撃的であったであろうこのエピソード、、、

忘れたけど、、前にどこかのニュースで見た

男性が橋の上で結婚を申し込んでOKをもらって

喜びのあまり海に落ちて転落死した事故を思い出します、、、

幸せの絶頂の中で突然の死を迎えるという

相反する?この状況っていうのは、、

感じたことないのでわかりませんが(当たり前ですが)

一体なんなんでしょうね?

ちょっと、これはこれで

死に方として

ななんとなく羨ましい気がしないでもないような

気がしないような気がします、、、

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。













  1. 1755年

    竹中伝六喜伯の墓
  2. 1846年

    埋木舎
  3. 1600年

    竹鼻城
  4. 1584年

    伏屋城 
  5. 1584年

    血の池公園
PAGE TOP