1560年

織田信長公像 清洲公園





若き日の彼の視線の先、、、、、

 

桶狭間の方向を見据えているという

この凛々しい銅像。

現在ある清洲城から橋を渡ると

 

もともとあった清洲城の趾があり

 

これは井戸の跡でしょうか?

 

高架下を歩くと

辿り着く公園の中にありました。

 

永禄3年5月12日、、、

今川義元が尾張を目指し駿府より西進。

先進するは今川方である

松平元康、、、

のちに徳川家康となる男。

 

 

その報を聞いた織田信長、、、

 

清洲城にて籠城か、出撃か、、、

 

5月19日午前3時、、、

今川軍が丸根砦、鷲津砦に攻撃開始の報を聞いた

その瞬間、信長は何をどう思い未来を描いていたんでしょうか。

 

飛び起きて

あの有名な人間五十年〜

の幸若舞「敦盛」を舞い

午前4時に清洲城から出陣。

午前8時に熱田神宮到着し戦勝祈願をしたそうです。

 

 

この銅像のそばには濃姫の銅像があり

 

 

彼を見つめています、、、

 

 

 

 

パワースポット、、、、

 

看板を見ると彼女の実像はわかっていないとかなんとか、、、(なんのこっちゃ)

 

まあ、、、

 

夫婦愛が伝わるということで、、、

こんだけ毎日暑いとなんでもどうでもよくなってきますね!

関連記事

  1. 1560年

    桶狭間古戦場

    浮野の戦いから尾張を統一しつつある織田信長、、…

  2. 1560年

    清洲城

    1405年、尾張守護斯波義重によって築城。…

  3. 1560年

    今川治部大輔義元の墓

    駿河、三河、遠江の三国を支配している今川義元、、…

  4. 1560年

    沓掛城 趾

    愛知県豊明市にあるお城の跡です。建物は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。
















  1. 1862年

    坂本龍馬 銅像
  2. 1600年

    血天井
  3. 1600年

    竹鼻城 本丸之趾
  4. 1887年

    学習院長官舎
  5. 1441年

    春王・安王の墓
PAGE TOP