1864年

池田屋騒動之趾

「今宵の虎徹は血に飢えている」

新選組局長、近藤勇が
池田屋に襲撃する前に放つ

凄みのある台詞、、、

これから闘うべき未来を
語り合っていた
夢持った若者たちの希望を

一夜にして潰した場所です。
IMG_2209

、、同時に

この闘いに未来を託して
一夜にして世間に知らしめた
若者たちもいました。

、、、

と、まあ、、
IMG_2210

この事件で
明治維新が遅かろうが早かろうが

あんまよく分からないですが、、

かなり有名な事件、、

今は居酒屋になっています。

昔はパチンコ屋だったこともあるようです。

IMG_2212

ここ、、今で言えば事故物件?

みたいなもんですよね、、、
おっかないですが、一度は行って見たいな。

今回は通っただけ、、、

ここ池田屋で
会合をしていた
尊王攘夷派の志士たち。

突然の新選組の来訪に

どんだけ驚いたんでしょうか、、

新選組も新選組で

最初は

副長、土方隊と二隊に分かれ

少数精鋭の
局長、近藤隊
五名?十名?の
人数で
池田屋に飛び込んだそうです。

御用改めである、、と

最初に突入した局長近藤勇、、

暗闇の中での激戦。

池田屋の中で響き渡る

近藤勇の甲高い叫び声が

建屋内の

僅かな人数である

他の隊士たちにも聞こえたそうで

その声に

永倉新八も勇気づけられたそうです。

途中で土方隊は合流。

また、会津藩、桑名藩の応援もあったそうですが

副長、土方歳三は意図的に

彼らを一歩も池田屋に寄せ付けず、、

手柄は全て新選組に。

これにより新選組の名声は一気に
響き渡ります。

IMG_2211

翌日、新選組が屯所である壬生に帰る道すがら

ものすごい野次馬が彼らを見るために

パレードのように

沿道が人であふれたそうです。

この時、、

百姓の三男坊に生まれた
近藤勇。

薬屋の行商をしていた
土方歳三。

池田屋で喀血したという
最強の剣士と言われる
沖田総司。

左親指が千切れそうになり
刀が折れるほどの闘いをした
永倉新八。

激戦の中、額を割られた
藤堂平助。

彼らの思いはきっとさまざま、、、

しかし

昨年、八月十八日の政変で

京都を追い出された

長州藩。

この事件をきっかけに
再び京都に挙兵し

禁門の変の火蓋が切られることになったそうです。

長州藩VS会津、桑名藩が衝突し
激しい戦闘があったそうですが、、

結局薩摩藩が会津、桑名藩に援軍として駆けつけ

長州藩は敗北。

この戦いで長州藩と薩摩藩、、、

敵対関係は決定的になったといいます。

ここから犬猿の仲である
長州藩と薩摩藩を

仲直りさせ

のちに同盟を結ぶに至らせるという

しかも最終的には

幕府まで潰してしまうという、、、

常人では考えられない
いや考えても出来ないであろうと
いうことを

やろうとする

土佐の脱藩浪人が
現れるのです、、、。

関連記事

  1. 1864年

    所郁太郎 銅像

    医者として志士としてここ、美濃赤坂…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

118人の購読者に加わりましょう







  1. 1556年

    土田御前 生誕の地
  2. 1570年

    田代城 
  3. 1866年

    河合耆三郎の墓
  4. 1864年

    所郁太郎 銅像
  5. 1556年

    道三塚
PAGE TOP