1602年

加納城 

長篠の戦いで

武田家を潰走せしめた織田、徳川連合軍。

鉄砲の三段撃ちが有名ですが

勝利の一因を作ったという

奥平信昌。

彼は

武田勝頼率いる1万5000人に包囲されるも

たった500人で
長篠城を守りきりました。

この籠城戦のなかで

壊滅寸前であった長篠城。

 

奥平軍の部下として

命懸けの援軍要請に志願した

有名な足軽

鳥居強右衛門、、

そのうち紹介できたらとは思います、、、

 

戦後、奥平信昌は

織田信長から賞賛され

徳川家康からもとてつもなく
感謝されたうえ

末代までの高待遇を約束されたそうです。

そんなこと言われたらもう一生ついて行くしかないですね、、、

奥平家は
祖父の代から
今川家、
徳川家、
武田家と渡り歩き

また徳川家に引き抜かれてと

苦労もあったようですが

これでようやく

腰を落ち着くことができたようで、、、。

 

加納城ですが

関ヶ原の合戦に勝利した徳川家康が

1602年(慶長7年)に

IMG_1706

岐阜城の廃材を使用し

ここ、岐阜市加納に築城。

今は石垣とかの面影だけが残り

IMG_1711

広い公園になっています。

IMG_1716

この城の城主として
入城した

奥平信昌は

徳川家康の気のおけない部下として

IMG_1712

徳川家康と築山御前の娘である

亀姫(ちょっとなかなかのツワモノみたいです)

と結婚し

このあたりは
江戸時代、岐阜の中心地として栄えたところだったそうです。

しかし、岐阜城、、、

加納城が岐阜の中心になった頃には
廃城、、、、

縁起の悪い城として有名だったそうです。
時代の移り変わりの中で
多くの大名が入れ替わり立ち替わり
城主となりましたが

その誰もが

不幸な死を遂げていったという噂、、、

たった一人を除いて、、、

照正


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

118人の購読者に加わりましょう







  1. 1898年

    児玉源太郎 後藤新平 銅像
  2. 1560年

    清洲城
  3. 1612年

    名古屋城
  4. 1574年

    秀吉公と石田三成公 出逢いの像
  5. 1600年

    関ヶ原古戦場 開戦地
PAGE TOP