1545年

黒田城 

 歴史のピース
歴史のピース
http://isikawagoemon.xyz/2018/08/20/川手城-跡/18/%20‎

愛知県一宮市にある

山内盛豊という

IMG_1863

尾張上四群の支配者

織田信安に

仕えていた男は

息子の信賢に仕え、、、、

浮野の戦いで

織田信長軍と戦って死んだか

黒田城が夜討され
息子の十郎と戦死したのか

それとも織田信賢軍のもとで

包囲され
岩倉城で死んだのか。

いずれにせよ

若き織田信長の尾張統一の

物語のなかで

小さな城の城代として

命を落としましたが、、

しかし

土佐一国の藩主となった男の

父親となるのです。

 

ここ黒田城で過ごし

彼の三男である

IMG_1865

山内一豊。

この地で誕生したそうです。

山内家も

まだ将来定まらず、、、、

結局

浮野の戦いの後は

一豊の兄弟は離散、、、、

一豊も若い頃は苦労しましたが、、、

彼はしかしここから

苦労に苦労を重ねながらも

羽柴藤吉郎秀吉に仕え

、、、少しずつ少しずつ

成長していく、、、、

、、、でもどう成長したのか

特に土佐藩主となってからは

計り兼ねない部分の

あるひとだけれども、、、

 

しかし、、、

 

この
IMG_1866

銅像

IMG_1867

えっ?

なにこれ

 

ちょっと!おかしくないですか?

可愛すぎて、、、、

 

 

台座でかすぎ

 

笑ってしまいました、、、

IMG_1868

妻である千代も

一豊の嫁になった歳は

今だったら(世間では、、、、)

分かりませんが

大騒動ですね、、、、

昔はすごいな。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

88人の購読者に加わりましょう







  1. 1722年

    苗木藩士 安田太左衛門殉死の跡
  2. 1530年

    川手城
  3. 1573年

    安土城址 摠見寺 
  4. 1600年

    大谷吉継の墓
  5. 672年

    村国男依 像
PAGE TOP