1558年

浮野古戦場 浮剕首塚 




愛知県一宮市にある
合戦跡です。

尾張の国の片隅で

小さな大名の
後継として生まれた
織田信長。

父、信秀が死に

家督を継いだのが18歳。
IMG_8387

どう読めば うぐいすなのか、、、

、、、それはともかく

謀略をもって
少しづつ彼は
尾張の版図を広げようとしている、、、

もともと尾張の国の守護大名であった
斯波氏は潰され

尾張下四群の守護代
織田信友を殺し

そして弟である
信行を殺害し

自分が生きるために、留まることなく

突き進んでいく信長。

そしてついに
尾張の残り半分の
IMG_1872

上四群を支配している

織田信賢と

ここ浮野で
IMG_1875

尾張統一を賭け激突します。

(看板みてください。なんだかどえらい場所にいる気がします、、、)

信長は犬山城主 織田信清の助勢を得て

約半日に渡る激戦の末

織田信賢軍を撃破。

信長軍は敵の首900?1200?余りを

討ち取ったそうです。
IMG_1876

この戦いの後、尾張を統一しつつある信長は

1559年(永禄2年)に
上洛。

室町幕府の将軍であった足利義輝に拝謁。

しかし、ここから信長の

天下布武へ繋がっていく

闘いが始まり

息つく暇もなく
東から
とてつもない脅威が訪れます。

その脅威とは

、、、、海道一の弓取りと呼ばれた戦国大名

今川治部大輔義元。

そして
敗軍となった織田信賢軍、、、、

次回は
その後日談?を
伝えれたら、、、と思います。(多分)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。
















  1. 1887年

    学習院長官舎
  2. 1832年

    ねずみ小僧次郎吉の碑
  3. 649年

    伝 蘇我倉山田石川麻呂の墓
  4. 1600年

    関ヶ原 決戦地
  5. 1832年

    いろは茶屋 犠牲者供養碑
PAGE TOP