1574年

秀吉公と石田三成公 出逢いの像

「三献茶」

と呼ばれる有名なエピソードを描いた銅像が

JR長浜駅にあります。
IMG_1409

しかし

なんでこんな銅像立てたんだろうかと
このシーンを銅像によくしたなとか

これはこれで絵にはなるので

別にいいんですけれども

 

IMG_1406

駅前にどえらい銅像を建てたもんです。

IMG_1410

ここから石田三成は秀吉に仕官し
彼の右腕となっていく、、、。

石田三成と聞くと

昔は悪者のイメージが強かった風潮ありましたが

最近は評価も少しづつ良くなって

見直されている部分もあるそうです。

しかしこの人は死に際まで

色々なエピソードが伝わっていますよね。

柿の話とか
大谷吉継とのお茶の話とかも
すげえなと思うくらい

 

次から次へと出てくる、、、、、

はたから見ると、賛否はあるけど

ひとごとながら

見ていると(見ているだけなら)

なかなか魅力的な方だったかもしれないです。

現場(武断派の福島正則とか加藤清正とか)の人から見たら

融通の利かない腹が立つほど

小賢しいやつだったかもしれないですが

実は不器用な人で

家康が野望を抱き、少しづつ天下への道筋を立てている時に

彼は豊臣家を守ろうと

必死で考えて考えて戦っていたんだろうと思います。

死に際までも勝者に対する

暴言の嵐で、でもどこか潔さも感じたり、、

 

生に対する執着を感じさせず
ギリギリまで家康を倒すため生きることにこだわった人
って感じですかね?、、、、

しかし大河ドラマの
真田丸の石田三成は
凄くよかったと思います。
凄く石田三成っぽかったな、、

関ヶ原の合戦は

(ドラマでは一瞬すぎてドラマチックでなく
あれはあれでドラマチックなのかよく分かりませんが
幾ら何でも、、、、ドラマチックすぎでしょというくらい)

IMG_1405

IMG_1408

分かんないけど、彼は敵に回したら面倒くさいけど

鋼の意思を持ち

味方ならどこまでも信じて助けてくれる、、、

そんな人だと思います。多分、、


関連記事

  1. 1574年

    長浜城 

    秀吉が初めて城を持ち築城や城下町の基礎を作った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。













  1. 1600年

    飯沼勘平長資の墓
  2. 1754年

    舛屋伊兵衛の墓
  3. 1954年

    布袋の大仏
  4. 1607年

    亀姫侍女 十二相祠堂阯
  5. 1600年

    池田輝政 鎧掛けの松
PAGE TOP